×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダンシングマット



ダンシングマット。ダンスするマットでもダンスに使うマットでもありません。
カナダの一般人マット・ハーディングというプログラマーが世界中を旅行して、観光スポットや都市などで変なダンスをしているんです。
ダンシングマットは単に記念にダンスの場面を撮影していたんですがネットで公開したところ、Strideというガム会社の目にとまり広告に使用されるようになりました。
You Tubeにも「Where the Hell is Matt?」という題名でアップされています。Dancing Mattで検索するとでてきますよ。
しかしこのマットさん世界中に行ってますね!東京にも来ているようです。パチンコ屋の中でダンスする勇気もすごいと思いますが見てると笑えてきますね。

ダンシングマットのいくところ



ダンシングマットのパターンはいくつかあるようです。ボリビアのウユニ塩湖からはじまるパターンと中国の北京からはじまるパターンなど。
マットが踊る場所も面白いですね。ミクロネシアの海の中だったり、ノルウェーの高い岩の上でビビリながらだったり、動物の前だったり、砂漠の上だったり、キリマンジャロの頂上だったりと。
やはり動物と一緒に写っているのは面白いですね。ボツワナではゾウをバックに踊っていますが、半分ゾウの動きを気にしながら踊っているところが人間くさくていいですね。南シェトランド島でゾウアザラシ(?)の前で踊っているのも愛嬌があっていいです。
タイのバンコクの歓楽街で踊るのも笑ってしまいますし、TGVが通過する瞬間に踊っているのもよく考えています。パルテノン神殿の前で踊ろうとしておじさんに注意されるシーンも面白いです。


篠田沙代子が教える社交ダンスマスター講座

大当たりのダンシングマット



You Tubeにアップされている「Where in Google Earth is Matt?」ではマット・ハーディング自身がグーグルアースを使って案内しながら訪れた場所を解説しています。
たかがダンスでココまでやるかといいたいのですが、まだまだ彼は講義までやってるみたいです。「"Where the Hell is Matt?" Lecture Part 1 of 3」なんてのもあります。
長いので途中で見るのをやめましたが…
世界中を旅して変なダンスをしまくるダンシングマットは発想が突飛ですが、これを本当に旅行しながらやるマットは偉いと思いますね!勇気があるのか単に変人なのかも。
ホント世の中何が売れるのか分からないですね!
こうなったら続きの作品を作ってもらいたいです。



スポンサード リンク

Copyright © 2009 ダンシングマットでほっと一息

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。


健康維持